SEの転職について考える

こんばんは。あんみつです。

今回からブログのスタンスを少し変え、スマホからさらっと書いていきたいと思います。

今日は転職について考えてみました。

私の略歴

先に私の略歴を載せておきます。個人が特定されない程度に(笑)

年は30半ば。大卒で独立系SIerに入社して、転職歴はありません。(これたぶんめずらしい)

これまで、C言語、Javaで半々。組み込み、スマホアプリをやっていました。Webもほんの少しだけ。

現職では近年ほぼほぼリーダー業務ですが個人のスキルアップはちまちま続けているつもりで、このブログもそうですし、Androidアプリを作ってみたり、情報処理系の資格をいくつか取得しています。

今はwebサービスを世に出したく、ruby on railsを勉強中です。

何を大切にすべきか

仮に転職すると考えた場合、まず考えるべきは初心に返っての自分探しだなと思いました。

別に意識高い風のポエマーになるつもりはないのですが、

結局のところ私ももう大して若くもないわけで(ちょっと悲しい)、自分が何をしたくて、どう在りたくて、何を大切にしているのか。

これを明確にしないと正解にはたどり着けないんじゃないか。

そんな気になりました。

「家族」ゆえに年収

私にとって大切にすべきは、まず「家族」。これは大前提。よって年収は外せません。

いくらきれいごとを言ったところで、何か魅力的な仕事があったとして、「それ今の給料より大きく下がってでもやりますか?」と聞かれたときにYesと応えられる自信は私にはありませんでした。

まぁとはいえ、年収は大半の人がそうだと思うので、次からが分岐点のイメージ。

ここからはキーワードで羅列していきました。

安定より挑戦

普段の生活はわりと保守的な方なのですが、不思議と自分が置かれている環境は、先が見えないくらいの方が居心地良かったりします。

縁もゆかりもない名古屋に出てきたのもそう。

どうせ環境を変えるなら、それ自体が挑戦なので、「今までと同じことをやっていれば良い待遇を保証しますよ」とか、「当社は安定していますよ」ではなく、挑戦的なことがしたいです。

個よりもチーム(組織)

今の会社にシンパシーを感じている点がここなので、やっぱり個人主義者の集合体みたいな会社ではなく、組織としての成果に向かえる環境が好きです。

そこに繋がっている個のレベルアップを社員がしている。という状態が理想的です。

社会貢献

やはり社会人として年食ってくると、何かの役に立っていたい欲求というものは年々上がっていきます。

このブログで資格取得に向けた記事をいろいろ上げているのも、若い技術者、SEの方のスキルアップに少しでも関われたら、という想いがあります。

おわりに

というわけで転職活動しているわけでもないのと、そろそろスマホで文章打つのがきつくなってきたので(笑)、これといった結論もないまま本記事はこれで終わるのですが、ひとつだけわかったこと。

私が大切にしていることは前提を抜きにすると、ほぼ「社の風土」ということ。

人によって、「残業ゼロ」とか、「これまで経験してきたオープン系の業務がやりたい」とか、異なる「大切にしているもの」があるはずです。

私はなんせ新卒入社後に転職を考えること自体がこれまでなかったので、自己分析してみた結果をアウトプットしてみたら思考の整理が出来るのでは?と思い書いてみました。

本記事を読んで頂いた方でもし転職に悩む方がおりましたら、まずは何が大切かを整理してみることをおススメします。

ここまでお読み頂きありがとうございました\(^o^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA